読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃちゃ君とてれんぱれんな毎日

千葉から福岡に越してきた人間と猫の毎日

山のぼせになってしまうよね

福岡 イベント

朝3時に起きて行ってきました、博多祇園山笠最終日「追い山」見物へ!

とりあえず櫛田神社でしょ。多分。

f:id:chachapan:20160715102015j:plain

舁き手たちが大勢参拝していました。緊張感があります。

桟敷席も覗き見。

f:id:chachapan:20160715102232j:plain

既に熱気がすごい。

そして人、人、人、すごく大勢の人が待っています。まだ朝の4時なのに。

f:id:chachapan:20160715102422j:plain

う~ん、どうしよう。何処で見ようかなんて言いながら歩いていたら、

もうどっちにも行けないよう感じになったので、この辺り見ることに。

最前列は仮眠してる方多かったけど、何時頃から場所取りしてるのかしら…

スタート30分前から会場アナウンスが始まり、盛り上がって来ます。

このアナウンス、落ち着いてて聞きやすくて顔が見たくなる声でした(笑)

f:id:chachapan:20160715103025j:plain

1番山の先走りする子供たちが走り抜けて、観客にも緊張感が。

4:59のスタートまで

10秒前!

5秒前!

5、4、3、2、1 で鬨の声が上がります。

この鬨の声が何て言っているのか聞き取れないし、姿も見えないんだけど、

本当にかっこ良い!

そして櫛田入りをして1番山だけが歌える「博多祝いめでた」を唱和。

 

そして気迫と熱気と共に櫛田神社から出てきました!

f:id:chachapan:20160715105007j:plain

は、はやいっ!!

本当にあっという間!!

後姿さえぼけぼけ写真になってしまう程…

f:id:chachapan:20160715105232j:plain f:id:chachapan:20160715105420j:plain

5分おきに次の山笠がどんどんスタート。

ちなみに「舁き山」は高さ約3メートル・重さ約1トン!を20数人の舁き手で走ります。

舁き手を途中で交代するから、周りに大勢の舁き手がいて嵐のように駆け抜けていく。

 

そして最後に走る飾り山!!

 

高さ15メートル!!!!

f:id:chachapan:20160715110721j:plain f:id:chachapan:20160715110038j:plain

ボケてますが、大きさ伝わりますかね~?

舁き手も「舁き山」の倍の人数なので、全てにおいて大迫力!!

しかも仕掛あり!観客の興奮度も最高潮で拍手と歓声すごかった~。

f:id:chachapan:20160715111422j:plain

ごぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

 

さてさて、終わるとすぐ山を崩すというので帰りがてら西流の山小屋へ向かうことに。

f:id:chachapan:20160715112431j:plain

…あれ?何にもない?

もう崩しちゃったの?

潔すぎるでしょ、博多っ子(涙)

しかーし、駅に向かう途中に東流の山小屋が見えてきて山があるじゃないですか!

f:id:chachapan:20160715113233j:plain f:id:chachapan:20160715113402j:plain

反対側からしか見れなかったけど、2人で乗ってシーソーみたいに揺らしてました。

ここでも「祝いめでた」を唄い「手一本」で締めてました。

手一本」一本締めじゃなくて複数打ってて難しそうなんですよね…

本当は最後まで、余韻までいろいろ見たかったけど、一度家に帰ってから仕事に行かねばならない旦那さんの為に帰路へ。

f:id:chachapan:20160715114328j:plain

そういえば「祝いめでた」を結婚式の時に新郎友人挨拶で歌ってくれたんですよねぇ。

私含め関東勢はぽか~ん、でしたけど福岡勢の皆様は一緒に歌ってて。

世代関係なく人々に根付いている郷土の歌って素敵だなぁ、と思ったんですけど、

まさ自分が福岡に住む事になるとは…

f:id:chachapan:20160715115259j:plain

この目録おおざっぱすぎません?

こういうとこ好きですけどね(笑)